2006年06月12日

色気

akiyama2.jpg

浜松の小さなバー。
カウンターの奥でゆっくりと酒を飲んでいる老人。
大きなサングラス。ニット帽。そしてたっぷり蓄えた口ひげ。
一見してただならぬ風貌である。

この方こそ、世界的版画家、棟方志功さんの最後のお弟子さん秋山巌先生。故郷である大分にご自身の美術館もお持ちだ。

浜松の街の喧騒をほどなく離れた小さなこのバーをひいきにしているという。


御歳85歳…
posted by PIYO at 23:31| 静岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。