2006年06月27日

かんべんして下さい、もう。

06kubo.jpg

ここ数年でテレビ番組が変わった。喋った内容がすごい勢いで字幕スーパーとなって出てくる。視覚的に訴えなければ視聴者が理解出来ないらしい。

以前は名前や場所などを補足するだけのものだったけれど、今ではほとんどのバラエティー番組でセリフテロップが付いている。業界ではこれを「ボイス・オーバー」と言うらしいけれど、番組によってはさらに進化して「突っ込みテロップ」として、出演者の言動に、突っ込みやリアクションまでも入れている。

「勘弁」くらい漢字で書いて欲しいし、涙目なのは見ればわかる。ってかそれほど涙目でもない。若干演技である。

以前字幕テロップをやめてみた番組は、とたんに視聴率が下がったと言う。これでは編成サイドも字幕テロップを推奨するしかない。そのうちドラマなんかでも使われるんじゃないかと思う。(まさかね^^;)

与えられるままに慣らされて、テレビの視聴者は考えることを放棄している。自分の判断が出来ないから、オチやツッコミまで必要になってしまった。

字幕スーパーを一生懸命読んでいる視聴者は、おそらく口が半開きであろう。

これって危険だよね
posted by PIYO at 00:09| 静岡 ☁| Comment(13) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。