2006年01月17日

興津ラ・ローザンヌ洋菓子店

image/piyomix-2006-01-18T01:13:22-1.jpg
清水人の圧倒的支持を集めるケーキ屋さん「ラ・ローザンヌ」。

独自の哲学を持つオーナーパティシェ石垣さんの作り出す洋菓子。興津の和菓子屋さんのあと取りのはずが、東京は田園調布の名店レピドールの門をたたき修行。

たくさんのケーキが並ぶが、定番は3分の1ぐらいだとか。あとは季節毎の素材を、その時々の良い素材でケーキを作るという。やはりこの店も「食材ありき」なのだ。

石垣さんの「ありがとー」というひとことは味があって思わず笑顔になる。

ラ・ローザンヌ
清水区興津中町619
国道52号線入口を西へちょっと行ったところ。
9時〜20時 水曜定休
0120-69-6710


焼き菓子もおすすめ。
焼き菓子の王様フロランタンは、くるみとアーモンドの2種。そのへんのフロランタンとは一線を画すおいしさ。こんなに贅沢なフロランタンが110円とは。
ラム酒漬けのレーズンをサンドしたお馴染みのお菓子「レーズンサブレ」は、北海道のアレよりも格段に美味いです。
posted by PIYO at 23:13| 静岡 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
美味しいケーキ屋さん、ラ、ローザンヌに行って来たのですね。うわさどおりに美味しかったですか。ケーキも美味しいけどプリンも美味しいですよ。バレンタインの時はチョコレートを買う人が多いそうです。
Posted by なっちゃん at 2006年01月21日 13:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11846774

この記事へのトラックバック


Excerpt: フロランタンフロランタン(仏: florentins )はフランスの菓子。フロレンティーナシュニッテンとも呼ばれる。カトリーヌ・ド・メディシスがアンリ2世 (フランス王)|アンリ2世のもとへ嫁入る際に..
Weblog: お菓子先生
Tracked: 2007-07-28 04:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。