2006年01月20日

Leyona@窓枠

image/piyomix-2006-01-20T20:38:13-1.jpg

アフター5というか、アフター7はレヨナのライブへ。

Rocking Timeの山本貴志さんのギター、パーカッションはセネガルのラティールによる玲葉奈ファミリー3ピース。サウンドもパフォーマンスも存在までもオーガニック。心地よいアコースティックのグルーヴ。歌がうまいうえに声自体がブルース。気持ちがストレートに伝わってくる。レヨナの一番の感情表現は音楽なのではないだろうか。

「日本は四季があって、それぞれの風の匂いがあって、いろいろ思い出すよね」

そう言って歌うレヨナ。

〜風をあつめて〜ひかりのうた〜TRAVELING MAN〜

レヨナの曲にはきっと、あの頃の風が織り込まれている。





ここのブログでもリンクしているブログWINDBLOWと番組(日曜朝9時〜)もよろしく。
wb@kmix.jp
posted by PIYO at 20:38| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Leyona
Excerpt: Leyona
Weblog: アイドル芸能Shop
Tracked: 2006-04-25 08:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。