2006年01月26日

セカイイチ

image/piyomix-2006-01-26T21:15:28-1.jpg

昨年11月に「虹」がK-MIXメガプッシュトラックになった4人組みギターロックバンド『セカイイチ』。今日は東名阪福ツアー「セカイイチ2006 初場所〜HATSUBASHOW〜」の名古屋公演。名古屋アポロシアターへ。

ゆったりとたゆたうようなサウンド「虹」のイメージでライブに行くと、あまりのロックに意表を衝かれる。でもそれはあくまでも正統派のロック。4人の楽器のハーモニー、存在感を大切にしたすばらしいバンドだった。Vo.の岩崎慧クンの声の存在感はいうまでも無く、歌っているその姿は奥田民生と桑田佳祐が降臨しているかのよう。そして心に響くメロディアスなギター。もともとベーシストだったGtr.ウッチーこと中内クン。泣きのギターはセカイイチサウンドの中で、時にボーカル以上の表現力を発揮する。さらに心臓の鼓動のような吉澤クンのドラム。Bass.泉クンはウッドベースに持ち替えて3曲ほど披露。時折プログレ風味やサイケな面も見せてバンドの幅の広さが垣間見れた。まぁこういうのがワンマンだからこその魅力。朝霧ジャムのような野外イベントにはピッタリくるのではないだろうか。

アジカンやバンプぐらい大ヒットする可能性を秘めている。
posted by PIYO at 21:15| 静岡 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいなぁ〜。私もセカイイチのライブ。生で体感してみたいです。実は、かなりスキ!(^^♪
Piyoさんからもいいバンドだと言われるとなんか嬉しいなぁ〜。

Posted by ママ at 2006年01月27日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。