2006年05月03日

ピンパラ

pinpara.jpg

五月蝿い、この時期の浜松を離れ静岡へ。
両替町ピンパースパラダイスで半ば仕事の話。

今月20日(土)21日(日)に、川根で行われる野外音楽イベント「グリーンスマイル」についての打ち合わせ。

そして、この春僕の後輩になったクリエーターと「仕事」について語る。

自分にずば抜けて能力がないと思っても、情熱を持って努力しつづけた人のほうが、はるかに素晴らしい結果を残すという結論。

--------------------------

それにしても浜松へ戻ったら、家の周りでラッパ隊と呼子笛の集団が大騒ぎ。もう深夜11時も半ばを過ぎているのに、祭りとはいえあまりに非常識。せいぜい夜9時、百歩譲って10時までがいいとこではないか。
posted by PIYO at 21:06| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
能力のある人間なんてそうはいないから、自分に無ければ、素直に「ある人」を認めてその人からいろいろと学ぶのが早道だと思います。

それが、例えば年齢や学歴を理由に中途半端に意地を張ったり、知っているフリをしていることが一番損ではないか、とつくづく感じます。

Posted by 珈琲豆 at 2006年05月05日 15:51
>珈琲豆さん
ずいぶん実感こもってますね^^;でも確かにそう。常に自分はプレーンな状態でいろんなものを吸収していけるのが理想ですよね。その上ではじめて「好奇心」というものが意味を持ちます。

ニカラグア、どうぞ気をつけて、、、仕事ととはいえ充分楽しんできてください。お土産は珍道中話をぜひ!ジンギスカンつつきながら…
Posted by Piyo at 2006年05月05日 22:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。