2006年05月04日

浜松まつり

IMG_20060504_2314.jpg

今日が中日となった浜松まつり。午前の凧揚げに、夜の御殿屋台の引き回し。そして住宅街へ移動しての、町内の「練り」。何年住んでも、どうもなじめない祭り。

正直マナーの悪さが目を引き、祭りだからと許せない。
浜松駅コンコースであまりにも場違いな笛を吹いて注目を集めて喜ぶ法被の輩。浜松の街中は禁煙になったにもかかわらず、ぷかぷかタバコを吸って道に捨てる法被の輩。明らかに飲酒運転の法被の輩(取締りを!)。道を我が物顔で占拠して、飲み食いをする法被の集団。人のマンションの駐車場に座り込み、もどしてそのまんまの法被の輩。なんの断りもなく道をふさぐ誘導灯を持った法被の輩(家に帰れない)。深夜12時まで及ぶ住宅街でのラッパ隊とヨイショの掛け声と呼子笛。異様な感じがする。翌朝、早い仕事の人だっているのだから。年に一度だからって理由で許せというのはずいぶん。

夜を徹して行われる祭りは全国にも少なくはない。ただ、夜神楽などそういう催しは、限られた場所で行われるもので、住宅街の路地を深夜まで練り歩くものではない。おそらくやたやらと練り歩いている訳ではないのだろうから、事前にどこをいつ何時頃練り歩くのか、予定をきちんと住民に説明すべき。それでも夜9時まで、せめても10時までであろう。深夜の大騒ぎがまかり通ってしまうのは、若者だけではなく、いい歳の大人たちに分別がないのではないか。

そんなに深夜に大騒ぎしたければ、凧を上げる海岸にでも行けばいい。ブラジル人なんかは、浜辺に何万人か集まって、夜通しのイベントをやっていたりする。それなら何も問題がない。

そして、街中で「練り」を披露する人たちも本当に祭りを盛り上げて楽しもうとしてるのか疑問に思う。大勢で提灯持って歩くわけだけど、元気な掛け声は前列のほうだけ。後ろは提灯もって歩いてるだけ。掛け声もなければ隣の人と話ばかりしている。よく見ると、盛り上がりはラッパと笛で誤魔化しているのでは?と言う感じ。遠方から見に来た方が見たらガッカリだろう。

以前浜松まつりに誘われた時に「法被につけるワッペンさえ買えば、3日間飲み放題、食べ放題で、酔った女の子とイチャイチャできる」なんて聞いたけど、そんな事が目的なのかと、がっかりした。あまりにもくだらない。本来のまつりの目的は何なのか。真面目に凧揚げの技術を磨いている方や、お囃子の練習を頑張っている子供達だっているであろうに。昨今は法被姿の外国人の参加も多く見られ、ふと東海地区でAIDSの感染者が爆発的に増えている、という統計が頭をよぎる。

まつりを否定するわけではないけれど、観光資源としても大いに疑問を感じる。たしかに凧揚げは勇壮で圧巻だし、御殿屋台も煌びやかで趣がある。この大きな芸術品を各自治体で守っているのも素晴らしいことだと思う。

しかし自信を持って楽しめる祭、自信を持って人に見てもらえる祭にはほど遠い。そろそろきちんとすべきではないか。

このあたりも含めウィキペディアには問題点がよく書かれている。
posted by PIYO at 23:47| 静岡 ☀| Comment(11) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
気晴らしに三保の浜辺で手作り凧上げ大会でもどうですか?(笑)中村祭りです。
Posted by 中村 at 2006年05月05日 08:58
はい。三保での中村祭り、参加します。気分転換します。
Posted by piyo at 2006年05月05日 14:55
さすが!よく言った、PIYO氏!

昨日もその御殿屋台に集う者の近くで仕事してましたが、こんな夜中まで?と思ってしまいました。かなり酒飲んでる方も多かったし。

「激練り」って、着メロまであるのは3年前から知ってましたが、なんだか軍隊のラッパを想起させてあまり好きになれません。

ま、それもまた「文化」ですからね。
Posted by ほっけ at 2006年05月05日 17:10
ご無沙汰です。

全くその通りですね。

年明け早々から、一生懸命準備している人たちがいれば。

たった、3日間だけ「バカ騒ぎ」するだけに集まる人もいる。

早くこの辺りをしっかりしないと。

ただのバカ騒ぎの3日間だけになってしまいますね。
Posted by RC42 at 2006年05月05日 17:16
そんなにマナーが悪いんですか?御社のラジオを聞く限りでは そんな印象を受けませんでした。
中村祭りは、そのうち凧あげそっちのけで 小ネタ披露大会になります。
参加するんじゃなかった…って後悔します。もう その時にはすでに 後の祭りです。
Posted by どりる at 2006年05月05日 19:00
>ほっけさん
おつとめお疲れ様です。
そもそもあのラッパは軍隊ラッパなんですよね〜。「文化」として後世に残してほしいですね。

>RC42さん
ご無沙汰しています^^;
「バカ騒ぎ」、ということはつまり「練り」に問題があるんでしょうかね。

>どりるさん
相変わらずうまいですね〜。
こちらもそろそろ「後の祭り」となりそうです(笑)。
Posted by Piyo at 2006年05月05日 22:36
実は浜松祭りが大好きなアイアイ♪です。
だからこそ、皆さんにご理解いただきたい部分や、改善しないといけない部分も最近とみに目に付きますので、ここでいくつか指摘してみたいとおもいます。また、ワタクシは田町でしか参加したことがありませんので、そこでの経験を元に、そこからみた他町について語ってみたく思います。

まずはマナーの悪さについて。
これは正直かなり痛いところです。駅でラッパ吹いたりなんてのは言語道断、その町内の責任者に通報してワッペンから当人を特定〜祭りから除外すべきだと思います。で、一番皆さんが問題視しているのが深夜までの練りについてだと思います。ちなみに今回、ワタクシが毎年参加していた田町や肴町などの中央地区は22:00にて終了したとの事です。鍛治町は例年通り24:00まで。郊外にいけばいくほど24:00までやっていると思われます。ワタクシ個人の意見としては、24:00までやって欲しいと思っています。昔からずっとそうしてきていましたし、そういうお祭りで、伝統と呼んでも差し支えない物だと思います。ただ、そこで必要なのが、マナーと、どうしてそうするのか理解してもらうための呼びかけだと思います。

お祭りというのは、何処でもそうですが、本来その土地に住む人々が年に1回、日常を忘れて楽しむ為のものであり、伝えられてきたものです。しかし昔に比べ、他県・県内他地方から移住・転勤してくる人々の数が増え、このお祭りに馴染みも知識もない方々が増えており、腹が立つのは当然のことです。だからこそ行政や町内の祭委員からの各住宅・住民への説明責任がありますし、それが足りないのは自分も感じています。ちなみにワタクシ自身の住まいは佐鳴台ですが、何処をどう練って、初練がいつどこであるのか?屋台のルートはどう通っているのか、こちらから聞かない限りさっぱりわかりません。どこに聞けばよいのかも。その辺の予定説明や、祭りの趣旨・歴史、騒音などへの理解を求める書面を全住宅へ配布するだけで随分感情は変わると思われます。そのために税金や自治会費取ってるんでしょ?夜間に行われる練りは、本来子供が産まれた家庭・家族を町内あげてお祝いするためのものであり、その人々を酒や食事で接待するというのが基本的な慣わしです。しょーもない野郎がしょーもないオンナのコと酔っ払っていちゃいちゃするためのモノではありません。そういった趣旨を理解せずに参加している輩が多すぎるのが問題点でしょう。その場で酔った勢いもあり、威勢が良すぎる若者も出てきますが、少しは多めに見てあげたいと個人的には思うのと、以前(昔)はホントにおっかない組長及び取締役がおり、やりすぎるとつまみだされたものですが・・・・。本来はそういった家庭を数軒、隊列を組み元気よくまわるためのラッパ・笛なのです。統制のとれた隊列で、元気良くまわっている町はかっこよいものです。しかしながら、昨今、自分の地元ではなく他町で参加する人たちが多く、特に板屋町や田町など中央地区は、その参加人数も多く、統制がとりにくくなっている現状があります。それを規制し、友達がでるからオレも!といったケースを減らし、しっかりと趣旨を理解して参加してもらうという意味もあってワッペンの販売制をとっている(ですので、急に参加したくなっても値上げされるため出られない)のです。それでも出たい!と言うのを断るというのは、またお祭りの趣旨とは外れており、悩みのタネとなっている様子です。また、練りの隊列をを離れて、酔っ払ったお馬鹿さんが騒音を出すケースもあり、それに関してはお詫びのしようもございません。そういった人たちは、お祭りだからといった事にかかわらず、飲酒運転をしたり、道に平気でタバコを捨てているのであり、お祭り自体のあり方と無縁では無くとも、そのことでお祭りに偏見をもってもらうのは悲しく、本意ではありません。

祭りの服装の乱れや過剰な警察の取り締まりなど、今まさに浜松祭りは過渡期にきていると個人的には感じています。内半纏や雪駄の着用、法被の着丈がばらばらだったりとお祭りに上っ面の格好だけで参加している連中が多いのですね。よさこい祭りではないのですよ?決してよさこいを馬鹿にしているのではありませんので念のため。今年も多数の人出と新聞には発表されていましたが、そういった連中のお手軽な参加が増加しているだけで、純粋な観光客は明らかに減少しています。自分が子供の頃は、今のこのお店の前なんか観光客でぎっしりだったのに、今は誰もいませんからね。行政側もそこのところの現実をしっかりと把握して、以前の激しくも自由な、厳しくも楽しいあのお祭りを皆で取り戻せればと切に願います。

こんなんでどうでしょ、piyo様。
Posted by アイアイ♪ at 2006年05月07日 14:00
御当地出身ではない私。
浜松まつりには不信感が・・・。
なので毎年この時期は、
市外に逃げるようにしています。

荒くれな威勢のいい祭り、ってのには
憧れますが、
「下品」と感じられてしまったらおしまいだと。
そう、おもったりするわけです。

とはいえ、今年は、
深夜に練習をする声は、
この町内では聞こえませんでした。
もしかして、
いろいろと自主規制がはじまっているのかしら?

歴史と伝統ってのは、
変わることも大事だけど、
守ることも必要なわけですので、
ぜひとも、ぜひとも、
この「文化」を、たいせつにしていただきたいと
思っております。はい。
Posted by noma at 2006年05月07日 15:56
>アイアイ♪さん
「浜松まつりが大好き」という方からの問題点、ということで、ありがとうございます。こういう話って、肯定派・否定派の賛否両論あって、実はなかなか、あまり話題にできないんですよね。時には気を使いすぎたり、時には感情的になりすぎたりして。そんな折「なるほど」なご意見をお聞かせいただいて感謝しています。それにしても、現在お住まいの「佐鳴台」は、折り目正しい、正統派集団と認識しています。

>nonaさん
この時期、市外に逃げるという方もずいぶんいるようで^^;
深夜のまつりの練習に改善があったようですね。時間の自主規制こそ「節度」といえるでしょう。あのラッパ音もひとつの「文化」であり「風物」ですもんね。

Posted by Piyo at 2006年05月08日 01:10
のんなに嫌いな人の意見がきけてうえしくわないけどよっかた

たしかにこのまつりわ自己満足の部分があっりますだからいやなひとはすごく嫌いだとおもいます

多くの人の苦労もあるまつりをほんとにたださわいでるだけのブラジル人と同じみかたをされるのは悲しいですから
Posted by daisuki at 2007年06月17日 10:37
確かに禁煙地区での喫煙やポイ捨てなど、マナーの悪い輩も多いです(飲酒運転に至っては本来は自町での参加が基本の為論外です)。しかし、ちゃんとマナーを守っている参加者もいます。また、各組の運営者側も規約を破る非正規参加者(例としてオリジナル法被や雪駄履きetc)やマナーの無い参加者の排除方法に悩んでいます。
特に夜の練りでは上記の問題が顕著ですが、だからといって浜松まつりを否定するのは早合点だと思います。

夜遅くまで住宅地で練ることは歴史的な流れや浜松まつりの意味(初子祝い)ではしょうがないと思います。新参町であれば夜遅くの練りという伝統が無いので話は異なりますが、旧町であれば住む側もそういう点を承知しておく必要が有ると思います。
Posted by 名無し組 at 2010年11月07日 15:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

何しようかなぁ??。
Excerpt: 遠州見付育ちの見付っ子は、屋台や笛には縁が無い。祭りといえば、裸祭り。そんな事を言ってると、「野蛮だ??。」なんて言葉も飛んできそう…。野蛮です。(笑)屋台や笛や太鼓の祭りは、正直 大の苦手。   無..
Weblog: バイク好きな空手家日記
Tracked: 2006-05-05 07:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。