2006年05月17日

三度目の「あま食」

iguchiamasyoku.jpg

師匠のブログでいつも美味しそうだった憧れの「甘食」。磐田に来るたびに立ち寄るも、いつもお目にかかることの無かった、井口製菓さんの「あま食」。なんでも忙しい日は作らないんだとか。

仕事で近くまで来たついでに、平日の今日ならと寄ってみるとついにご対面。三度目の…というか、たぶん五度目のご対面!

これまで食べた甘食の味といえば、基本的には「ヤマザキの甘食」。それとおかめさんのハンドメイド甘食。秀さんからいただいた福島の甘食。プロのお菓子屋さんが作る手作り甘食はなるほどクオリティが高い。

ヤマザキの甘食との違い
@優しい甘味。
A上品な香り。
B牛乳をかけてもあまり吸い込まない。
C1コ50円と、ちゃんとした値段。

ヤマザキのは洋風で、井口さんのは純和風な味。どちらも好きだけど、井口さんの甘食のほうが絶対的に体に良さそう。というかヤマザキのがものすごく甘いことに気がついた。
posted by PIYO at 14:36| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物・飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三たびの甘食ネタで感激!ですぅ〜。わぁ〜きれいな画です。美味しそうです。いや、きっと美味しいです。これが本当の昔ながらの甘食というものでしょうね。今度磐田方面に出かけたら井口製菓さんに寄って本物の甘食を味わう事にします。piyoさんありがとうございました。
Posted by おかめ at 2006年05月17日 15:35
う、うまそー。でも、馬体重がすぐ増えるクチの私には悪魔の囁き・・・?
Posted by 死者の書 at 2006年05月18日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17931670

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。