2006年05月28日

塵も積もれば10万円

500yen.jpg

僕にとっては全然「塵」ではない五百円玉で貯金をして早半年以上。

ハーバーのマスターからいただいた「OLD GRAND-DAD」というバーボンの瓶。普通のお酒の瓶は口が狭いんだけれど、これは500円貯金にちょうどいい。半分で10万円。方口まで貯めると20万円という目安。そろそろ目標額になった。

財布に500円玉があるのに使えない辛さに最初は閉口したけれど、慣れると平気。730円の買い物を、1000円札と230円とか不自然に出して変な顔されたりもした。^^;

目的は自転車の購入資金。

自転車を買おうとリサーチしてみると、まず驚くのがその値段。イオンの自転車がなんと10台以上買えます。でもスポーツサイクルの値段ってこのぐらいするんです。愛好者になると50万円という値段もめずらしくはありません。だってあの忌野清志郎さんが盗難に遭った自転車「オレンジ号」は160万円だもんね。

ではその差は何なのか。

スポーツサイクルに乗ったイメージは、いままで10回ペダルを回して進んでいた距離を、2回か3回で進んでしまう感じ。

計算されたフレームとメカ。仕上げとその材質。強度や耐久性、軽さと作動感。工業製品である以上、機械としてのクオリティが高いほど、それだけ扱いやすく、壊れにくいのだ。

posted by PIYO at 09:13| 静岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
けっこう・けっこう!
なかなかよい選択ではないでしょうか。>自転車
そのくらいの金額を出せば、まずは十分、乗れます。

私、日本最上級グレードのパーツ(Dエースと言う)をつけたロードと
入門グレード(105と言う)のパーツをつけた
お散歩ロードを持っているのですが、
最近乗るのはもっぱら後者。
このパーツの違いは重量と仕上げ以外にほとんど無いとよく言われますが、それを実感します。

ところで自転車の価格。
日本人は、というか普通の人は自転車に対する理解がなさ過ぎるんだよね(^^)

電動アシスト自転車も良いかもしれないけど、
同じ金額だしてちゃんとした自転車を買えば、
よっぽど楽な走りをしてくれるのです。
(それをちゃんとアピールしてないのもいけないかもしれないけど。)

くだらない事ぼやいてないで、
出来た日にゃァ、一緒に走りましょう。

Posted by 珈琲屋 at 2006年05月28日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18479545

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。