2006年07月16日

NO WAR

0607shizuhama.jpg
国連が北朝鮮に対する経済制裁などを可能にする非難決議を採択したそうです。

どんなことがあっても戦争だけはしてはいけない。国政に口出ししようとは思わないし、知識もないけれど、どうも日本は軍国主義に向かっているような気がしてならない。先日は先取防衛の議論まで起きていた。今回の非難決議を、まだ甘いのではないかと言うマスコミの論調も気になる。どうも不吉な予感がしてならない。

戦争では、罪のない一般民間人が犠牲になる。だとすれば経済制裁だって十分戦争のような気がするのだけど。かといって経済制裁が間違っているかといえば、そうとも思えない。北朝鮮のような国には、やはり毅然たる態度で臨む必要がある。まあ日本が経済制裁を発動しても致命的なことにはならないだろう。さすがに国連はきちんとバランスを保っている。

北朝鮮が言うように、もう対話の段階ではないのかもしれない。しかしアメリカも含めどこかに糸口がないものか。

いずれにしても戦争は絶対に避けなければならない。
posted by PIYO at 23:10| 静岡 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こーゆーのに反応しちゃういけないのかな??(^^)

戦争反対に異を唱えるつもりはつもりは、一切ありません。
ただ、是非、幕末以降の日本の歴史について、いろいろな本を読んでみてください。ちょっと前に時の文部大臣がなんかの答弁で言っていましたが、日本の近・現代史は思想的な部分が入りすぎる傾向があるので、学校の授業ではあまり教えないようにしているそうです。

この辺の歴史は、現代にもつながる教訓が多々あるような気がするのですが、自分で学ぶしかありません。

また、国連という組織が現在、どんな組織なのか?これはいろいろな新聞に目を通しているとなーんとなくわかります。

ちなみに、私がこの辺のことを学ぶきっかけを作ってくださったのは、あなたの会社の大先輩のおかげです。

まあ、各国とも国益の確保に躍起になっています。良し悪しは別として、なかなか日本人が期待するような理想的な国はありませんネエ・・・。
Posted by 珈琲豆 at 2006年07月17日 14:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。