2006年07月24日

苦い思い出ください!

nakaya2.jpg

一日遅れの丑の日のウナギ。
「浜松でこの店を知らないなんて…」と紹介された一軒のうなぎ屋。
住吉バイパスを北へ進み、インターの取付けを過ぎたあたりの左にある。何とも小さく目だたない店構えの「なかや」。

目の前で活き鰻を裂いて、焼き上げてくれます。こういうお店は結構待たされるんだけど、手際良い作業であっという間に出来上がり。

程よく香ばしく焼き上げて、タレをつけて蒸す。
肉厚で、口に入れるとほろほろととけるように崩れるほどやわらかい。香ばしさとやわらかさが絶妙。少し濃い目のタレが食欲を増進させる。

感じのいいご夫婦が、ふたりで店にたっている。

nakaya1.jpg

つっこみ所満載のなかやさんのホームページ
なになに?「『にがい思い出ください』と言ってください」???

さっそく気のいいご主人に、苦い思い出ください!と言ってみる。
するとニヤニヤしながら
nakaya.gif
「なんでわざわざ苦い思い出がほしいの?えぇ?」

なんて聞いてくる。
笑ってごまかしていると、
nakaya.gif
「なんで!なんで苦い思い出がほしいの!?」
イヤイヤ、この詰問自体がずいぶん苦いんですけど。。。

出てきたのはコレ。ウナギの胆のう。通称「ニガ玉」
nakaya3.jpg
噛むほどに、思いで深くなります。
生胆は消化を助け、体にいいとか。

【うなぎ・なかや】
浜松市小豆餅2丁目29-33
電話 053-437-3268

うな重・・・1800円
上うな・・・2300円
特うな・・・3400円

浜松に来たお客さんにもぜひ食べていただきたい。
もう有名店・八●徳さんとかにはご案内しません。
ぜひ浜松の苦い思い出を作ってください。

それにしても最近みんなからウナギ屋を紹介されるので、言ってみたいお店がいっぱい。
posted by PIYO at 23:48| 静岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物・飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。