2005年11月03日

SWICHBLADE@space-k

NEC_1207.JPG
太田剣(sax)率いるSwichblade。
日本のジャズシーンで注目を集める若手ジャズメンのスーパーユニット「スイッチブレード」。メンバーは、太田 剣(sax)/小沼ようすけ(G)/神谷えり(vo)/金子雄太(org)/大槻カルタ英宣(dr)の5人。
この実力者揃いの組合せで全国6会場をまわるそうです。
1時間づつ2幕のステージ。それぞれがの演奏テクニックは言うまでもなく、何よりサービス精神旺盛な演奏は聴き応え十分。『揺るがない基礎の上の遊び』を一人ひとりのアーティスティックな発想で展開していきます。このような思考回路はどうやって生み出されるのか不思議なほど。脱帽です。

特に大槻カルタさんのドラムには男惚れしました。


posted by PIYO at 18:56| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

くるり@窓枠

image/piyomix-2005-11-01T21:29:54-1.jpg
今夜はくるりのライブ。
今の日本のロックバンドの中で一番手で勢いのあるグループのひとつであろう。独創的なサウンドに挑戦しながらも、あくまでロックに仕立てるセンスのよさ。コアになりすぎないし、思い返せば定期的にヒット曲があるなぁ。個人的には「ばらの花」。

今日は年内いっぱい続く「くるりワンマンライブツアー2005 〜はぐれメタル純情派〜」。ライフハウス浜松・窓枠のCAP250枚即SOULD OUTのプラチナチケット。アンコールも3曲と充実。男女比5:5と最近のライブでは珍しく男が多いのも印象的。

ツッパリロックの氣志團は、くるりの岸田君のことが好きで「氣志團」と名付けたという有名な話(笑)
posted by PIYO at 21:29| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

音楽とキャンプ〜It's a beautiful day〜

jam1.jpg
富士山麓の西麓、標高1000mの朝霧高原で毎年行われる朝霧JAM。今年は10月1日(sat)〜10月2日(sun)。2日間で30組弱のミュージシャン、アーティストがステージを見せてくれる音楽イベント。あのFUJI ROCK FESTIVALでおなじみSMASHのプロデュース。いわゆる静岡版のフジロックだ。5回目を迎える今回は天候に恵まれた。僕は第2回目から毎年来ているけど毎年必ず雨が降る。昨年はずっと雨だったし。第1回目以来の晴天だそうです。そして今回は人・人・人。3000・5000・8000・10000人と徐々に増えてきていますが、今年はMAXであろう15000人。キャンプサイトもどこも満杯。しかも今年もアーティスト発表前にチケットは完売。「あの場所に行きたい!」という思いでこれだけの人が集まってくるんです。

各地で夏日を記録した日曜日。
さっそく自転車でJAMをまわってみた
posted by PIYO at 11:31| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

GAP-FAVORITE SONGS

gap2ejpg.jpg
GAP/FAVORITE SONGS

おもいっきりGAPの戦略にのせられて、CDをゲット。まさに「オレど真ん中!どひゃ〜」な選曲で降参状態。自分のFAVORITEを思い思いにカヴァーしていて素晴らしいクオリティー。オマケとしてのレベル超えちゃってます。CDに服が付いてきた感じ(笑)。

掴みはJohn Legendが歌うToddのHello, It's Me。うひゃ〜これだけでクラクラ。しかもクレジットを見るとプロデュースはBlack Eyed Peasのwill.i.amだぁ。2曲目、Joss StoneはBeach BoysのGod Only Knowsをあの声で歌うし、3曲目はぬぉ〜Jason MrazがBob MarleyのOne Loveをギター弾き語り!(ちょっと取り乱しぎみ)なかでもAlanis Morissetteが、僕の大好きなSealのCrazyをカヴァーしている!むむむ、しかもオリジナルよりもかっこいいかも。。。絞めはMichelle BranchによるDavid Bowieのカヴァー。秋のドライブにぴったりな選曲。ご馳走様でした。

CDプレゼントは今週9/30(金)までだそうです。
曲目一覧
posted by PIYO at 14:28| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

檀さんちでライブ

HD919.jpg
今日は日本を代表するベーシスト安カ川大樹さんのライブ。ピアノ:高田ひろ子さんと、ドラム:嘉本信一郎さんのトリオで。

お目当ては安カ川大樹さんの新曲「KAKEROMA」。生で聞いて泣きそうになった。この曲は檀さんが3ヶ月に一度担当してくださっている番組「ハァーミットドルフィンへようこそ」のエンディングテーマ曲。なんとも美しい曲です。
kakeroma.jpg

主役になり得ない楽器が主役になる瞬間。
僕の中で何かが目覚めました。


posted by PIYO at 23:14| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

小説家になろう

image/piyomix-2005-09-16T22:16:39-1.jpg

今日はアクトシティ中ホールに筒井康隆先生が来るということでお話を聞きに。
僕の父は子供の頃から、本なら何でも欲しいものを買い与えてくれた。それに甘えて本屋、古本屋などに通いつめる少年だった。小学生にして筒井康隆は数冊読んでいた。その後、筒井さんは俳優や断筆などして僕の理解を超えていってしまったけど。^_^;
今回の演題は「現代の小説」。
筒井先生のもとに「小説家になりたいんですけど、どうしたらなれますか?」「私でも小説家になれるんでしょうか。」といった質問が日々来るということで、それについて1時間半にわたってお話していただいた。
まず第一に小説を読んだことも無いのに小説家になりたがる人があまりにも多いということ。まず自分の書きたいジャンルを見つけて、そのジャンルを読み尽くして飽き飽きするほど読んでから書くこと。そしてさまざまな社会的体験をして自分しか書き得ない知識を蓄積して書くこと。はじめから小説家志望でなくてもいいんだそうです。そこから新しい小説が生まれる。
確かに室井卯月さんとかもそうです。
続きを読む
posted by PIYO at 22:16| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

青山さんちでライブ

image/piyomix-2005-09-02T20:24:00-1.jpg
posted by PIYO at 20:24| 静岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

K-MIX 8×8 ライブ@浜松FORCE

image/piyomix-2005-08-16T23:31:33-1.jpg
今日はbonobosとスカポンタスのライブ!
特にスカポンタスの10人がステージに乗ると圧巻。大迫力ノリノリライブでした。そして最後はセッション!ステージの床、抜けるよ〜(笑)
毎週木曜日、夜8時からbonobosとスカポンタス応援してね。
posted by PIYO at 23:31| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

Vibes Up!Maximum vol.3

image/piyomix-2005-08-12T18:48:32-1.jpg

いよいよこの日がやってきました!
SHIZUOKA Reggae Fes.「Vibes Up!Maximum vol.3」
3000人のVibesでいっぱいの会場は本当に楽しい。奇抜な格好のBOYS&GIRLSたちがLOVE&PEACEな雰囲気で(??)夜が更けていくのでした。
詳しくはVibes Up!ブログをご覧ください。
posted by PIYO at 18:48| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

風味堂@窓枠

image/piyomix-2005-08-08T20:06:12-1.jpg
K-MIXの完全招待制ライブ。
静岡にたくさんのファンを持つ「風味堂」。キーボード・ベース・ドラムの変則3人組です。K-MIXがらみでは2回目のライブですがいつ聞いてもすばらしいライブです。変わった名前のライブハウス「窓枠」はファンで超満員!意外と男性ファンも多い。
アンコールは1曲の予定でしたが、オーディエンスに答え予定外の1曲「真夏のエクスタシー」も急きょ披露。10曲に満たない1時間程度のライブでしたが完成度、密度、充実度の高い非常に良いライブでした。


ウラ話
posted by PIYO at 20:06| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

CUBE-RAY

image/piyomix-2005-07-14T14:47:27-1.jpg
長谷川浩二さん(Ds) 高橋 勲さん(G) Ikuoさん(B)
毎月1回K-MIXで番組を担当しているキュベレイの3人。

ドラマーの長谷川浩二さんは1983年から現在までなんとTHE ALFEEのドラマーなんです!現在ツアー中。
勲クンはギタリスト(7strings)。高橋勲TECHNICAL UNIT。
Ikuoさんは1996年"Ex-iT"(懐かしー)1998年"Lapis Lazuli"(これも懐かしい・・・)2003年「テニスの王子様」第4期オープニングテーマ「LONG WAY」でソロデビュー。

それぞれが高度な演奏技術を持つアーティストとして活動する傍ら、
へヴィでメロディアスなサウンドを追求する「CUBE-RAY」として活動。
本当にびっくりするクオリティです。凄いです!!!バカテク(表現古っ)3人組です!
ホームページで1曲試聴できます。特にヘヴィ好きなあなた、ぜひ聞いてください。

音楽業界でも多彩な人脈を持つ3人は毎回素敵なゲストも連れてきてくれます。
次回放送は8月7日日曜日。へヴィなサウンドと、
それぞれの素敵な個性が際立つトークをお楽しみに。

posted by PIYO at 14:47| 静岡 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

おたまじゃくし発見

image/piyomix-2005-07-08T10:35:12-1.jpg
先週末から浜松の路上で頑張っている岩木真也クンに遭遇。
現在浜松駅前や有楽街などで歌っています。今日で6日目だそう。
路上仲間も出来、充実しているようです。
聞くところによるとワンボックスで海などに行って寝ているということ。
CD千枚売ることを目標に「根性」で頑張っています。
街角で見かけたら聞いてやってください。
一番声が出ているヤツが彼です。

「会社帰りですか?」と聞く彼。
その後歌ってくれたのは「蟻」というサラリーマン泣かせの歌。
歌詞がしみる〜〜(笑泣)歌詞も曲もいいです。

顔はこんな感じ。
image/piyomix-2005-07-08T10:36:10-1.jpg
K-MIX毎週月曜日20:30〜20:55
「岩木真也のおたまじゃくし」絶賛放送中!

怖くて笑える写真
posted by PIYO at 10:35| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

電撃

image/piyomix-2005-04-07T20:53:28-1.jpg

電撃ネットワーク TOUR2005「電撃伝説」
〜15周年だよ全員集合〜@浜松フォルテホール

過激パフォーマンス集団、電撃ネットワーク。
日本のみならず「TOKYO SHOCK BOYS」として、
世界でも高い評価を受ける電撃ネットワーク。
15周年と言うのは、やはりただ過激なことをするだけでなく、
それがエンタテインメントとして成立しているから。

でもステージはただただ過激!
3万ボルトの有刺鉄線電流爆破に飛び込んだり、
熱湯のドラム缶にドライアイスを入れて袋をかぶせ、中に入って窒息状態になったり、
ペットボトル爆弾を背負って爆発させたり、
紙おむつに大量の爆竹を入れて点火したり、
オムツに火がついちゃって、慌てて「チンカ」したり(-_-メ)
人体の不思議展(リアル)ってなかんじ。

人間の限界は計り知れない、
そして「生きてるって素晴らしい」って純粋に思っちゃいました。
posted by PIYO at 20:53| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

ビートエリアVOL.2

image/piyomix-2005-03-12T18:20:15-1.jpg

K-MIX Radio the Boom!presents"BEAT AREA"の第2回目のライブ
●風味堂
●サラブレンド
●Natural Punch Drunker
MCはもちろんズミ君

個人的には風味堂が最高!ほんといいライブでした。

---------------

連日ライブ三昧


posted by PIYO at 18:20| 静岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

アヴリル 浜松アリーナ

image/piyomix-2005-03-11T20:58:34-1.jpg
カナダの歌姫、アヴリル・ラヴィーン。
腹から声出てました。
「ミンナ、ダイスキ!!」
「ミンナ、ゲンキ!!」

-----------

ビートクラブのK君の情報にビックリ!
posted by PIYO at 20:58| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

ユーミン 浜松公演

image/piyomix-2005-03-07T20:53:31-1.jpg
松任谷由実コンサート
歌もステージも全てがミラーボールのよう!
めくるめくキラキラショートフィルム!
今夜はビバ6×7=41?!
お洒落で、綺麗で、可愛くて、カッコイイ!41歳!?
いつまでもシンガーソングライター&エンターテナーでいてください。
ありがとうユーミン。
image/piyomix-2005-03-07T21:22:51-1.jpg
心を込めて(社長より)花束を。

「浜松/寿司桶」の話を。。。ちょっと色っぽいお話でした。。

-------------

陰アナは杉山藍。
年齢層の幅にもビックリ!
posted by PIYO at 20:53| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

映画「銀のエンゼル」

image/piyomix-2005-02-26T23:53:06-1.jpg

今日はMOVIX清水にて「銀のエンゼル」初日

舞台挨拶は、鈴井貴之監督。
鈴井監督は北海道の「地タレ」であり、プロダクション社長。
一世を風靡した地方番組「水曜どうでしょう」出演者&企画構成。

現在韓国で映画修行中だが、MOVIX清水の室井支配人の熱意で
舞台挨拶にきていただいている。
室井支配人も最高のどうでしょうフリークだ。
そして監督のお相手MCは、こちらもフリークの河村由美さん。
さらに熱いのがお客さん。いるいる「タコパーカー」の人!
静岡県内の「水曜どうでしょう」ファン大集結。
そしてもれなく僕も。。。

権利を行使して、ひ、控え室へ。。。

image/piyomix-2005-02-26T23:54:14-1.jpg
この扉の向こうに鈴井監督が!?
→→「続き…」をクリック!続きを読む
posted by PIYO at 23:53| 静岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

オペラ座の怪人

「それは 哀しくも美しい 愛の物語」
4101315329.09.LZZZZZZZ.jpg
映画見ました。
「ほら、俺ってNYでコレ舞台で見たからさぁ。」
って自慢しても何ですが、本当にブロードウェイのマジェスティックシアターで、
なんと前から2列目で見たんです。一昨年の秋に。
でも今回映画で見てディテールがやっとわかりました(笑)
ファントムの出生の秘密とかね。
実際に舞台を見たことがあると、どうしても比較して見てしまうが、
逆にオペラの舞台裏紹介的なところや、劇中でのオペラのシーンなど非常に楽しめた。
主演のクリスティーナ役のエミー・ロッサムは本当に素晴らしい。
しいていえばファントムは、舞台で見たほうが歌声に迫力がありました。
まさに音楽の天才、彼が歌い出した瞬間、観客もクリスティーヌも声の魔法にかかるのです。
映画ではなんとなくその迫力が少なかったような気がしました。
でもぜひ劇場で見るべき一本。
はじめのモノクロの現代から過去にさかのぼって、
例の音楽と共に鮮やかによみがえる煌びやかなオペラ座。鳥肌ものです。
あぁ、ミュージカル嫌いな人にはお勧めしませんよ。タモリさんとかね。

----------------

ちなみに僕はファントム派。
初めて地下牢に連れてこられたクリスティーヌをうしろから抱きしめるファントム…
posted by PIYO at 16:30| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

サンボマスター@名古屋クアトロ

image/piyomix-2005-02-17T21:50:24-1.jpg
「俺はロックがやりてぇんだぁぁぁ!」

ボーカル山口のシャウトにパワフルなギター!飛び散る汗!常にせっぱ詰まった顔!水飲み過ぎ!ハィッ!ハィッ!ハィッ!ハィッ!
ライブハウスが一体となる、俺とオマエのロック!
縦ノリと爆音とシャウトと美メロ日本語ロック!そしてブルース!
嗚呼、サンボマスターは僕に語りかける〜
「今日は美しいあなたたちと、ロックが出来て本当によかったと思ってますっ」
う、美しいのは、あなたですから〜

------------

きれいはきたない
きたないはきれい
---戯曲マクベスより
posted by PIYO at 21:50| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

おめでとうRay

image/piyomix-2005-02-15T13:48:48-1.jpgグラミーおめでとうございます。あなたの映画も素敵でした。
posted by PIYO at 13:48| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月13日

ブケ東海

image/piyomix-2005-02-13T23:46:16-1.jpg節目のライブとなりました。。。
posted by PIYO at 23:46| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

image/piyomix-2005-02-13T19:18:29-1.jpg

posted by PIYO at 19:18| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

BIRTHDAYの夜はキューバンミュージックで更けて

昨夏に野菜の師匠、永田さんのガーデンパーティで知り合った
ITAMAEさんのユニット「ドス・ソネス・デ・コラソネス」をお呼びして。
浜松サルサコンサボールのダンスパーティ!
ネス・デ・コラ.jpg
サルサの元になった「ソン」って音楽

いや〜一瞬でとりこになってしまう素晴らしいサウンド!

踊る!踊る!
ダンス2.jpg
スパニッシュっぽいギターにマラカス。
この二つと、ボーカル二人のハーモニーが
情感あふれるキューバの風を運んでくれます。
ITAMAEさんの素晴らしい笑顔!そしてみんなも笑顔!
なんとこの二人、ブエナビスタソシアルクラブにも認められ、
毎年キューバに招待されて、日本からもファンがツアー組んで行くんです。

今日は特別に「♪HAPPY BIRTHDAY」を1曲!
みんなにお祝いしていただきました♪こんな誕生日は最高!
Salut!(サルー=乾杯)

----------------

会場のライブハウス「窓枠」(浜松市板屋町 広小路沿い)
受付には、なんと「イキマウス」リーダーの上嶋クンが!
kamijima.jpg
posted by PIYO at 00:46| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月11日

サルサ!

image/piyomix-2005-02-11T21:28:01-1.jpg

posted by PIYO at 21:28| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

ライブ

image/piyomix-2005-02-07T22:18:32-1.jpg
同僚、ナベちゃんの所属バンド「アクアリウム」
ピアノ・ベース(同僚)・ボーカル・キーボードの4人組。
川村結花を中心としたカバーバンド。
計10曲。
アットホームな雰囲気に癒されました。

----------------
ナベちゃんのお母さんも!
posted by PIYO at 22:18| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

ドリカム 浜松公演

image/piyomix-2005-02-05T23:52:28-1.jpg浜松にトンボ帰りしてドリカムコンサート。
ドリカムはまさにタイムマシーン!
15年間の思い出が走馬灯のように・・・15年前、あなたはどんな恋をしていましたか?(笑)

2年前のつま恋でのワンダーランドがエンタテインメントショーなら、今回のはどちらかといえば、いわゆるコンサート。
ハデハデ演出が無くても、これだけ引き込まれるのはやはりドリカムメロディの成せるワザ。
ハママツベイビ〜〜よかった〜
----------------

いまだに「女1、男2」だと「ドリカム編成」っていうよねー
posted by PIYO at 23:52| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。